PRODUCED BY PARCO

【ミッフィー大好き♡古関れんさんと行ってきた】「誕生65周年記念 ミッフィー展」潜入レポ
2020.08.05
EVENT

【ミッフィー大好き♡古関れんさんと行ってきた】「誕生65周年記念 ミッフィー展」潜入レポ

小さな頃から私たちになじみのあるキャラクター、ミッフィー。そのなんとも愛らしい表情に、誰もが「かわいい♡」と頰をゆるめてしまいます。そんなミッフィーの世界を堪能できるイベント「誕生65周年記念 ミッフィー展」が、現在松屋銀座イベントスクエアにて開催中。

早速、ミッフィー大好き!というモデル・古関れんさん@renkosekiと一緒に、訪れてきましたよ。

 


さあ、ミッフィーの奥深くあたたかい世界へ

「誕生65周年記念 ミッフィー展」では、ミッフィーの生みの親であるオランダの絵本作家ディック・ブルーナさんがこれまで紡いできた数々の物語を堪能できます。絵本6作品の貴重な直筆原画やスケッチ、創作メモが展示され、その数なんと250点以上!

 

会場に入ると、出迎えてくれるのは世界中で発売されてきたミッフィーの絵本たち。本場であるオランダのミッフィーミュージアムのエントランスと同じ演出をしているそうです。

 

「小さいとき、たくさん絵本を読んでもらったんですよね!」と、入るなりテンションが高まる古関さん。

 


見応えたっぷり! 貴重な直筆原画やスケッチを堪能♡

ブルーナさんが歩き始めたばかりの息子のために物語を作ったのが、ミッフィーの始まり。それが、いまから65年前の1955年のことでした。

 

誕生したときは、じつはミッフィーではなく、「ナインチェ(Nijntje)」という名前だったそう。絵本が日本語に翻訳された際に「うさこちゃん」という名前で呼ばれました。さらに英訳された際に「ミッフィー」という名前で呼ばれ、いまでは世界的に「ミッフィー」で知られるように。

 

会場では、6つの物語にそってディック・ブルーナさんが描いた原画が展示されています。

 

「あ、この物語、小さいときに読んだことがあるかも!」

 

まるで、絵本のなかに迷い込んだような気分になれる大きな展示も。

 

 展示のなかで古関さんが一番印象的だったというのが、こちら。

「にーなちゃんとうさこちゃんの出会いのストーリーを、初めて知りました。ミッフィーちゃんのリアクションに、感動! さらに好きになっちゃった」

 

うさこちゃんがにーなちゃんの体の色を「とてもきれい」と喜んだという物語。

 

ブルーナさんの制作の様子も動画で見られます。

 

「うさこちゃん おばけになる」の原画。「このおばけうさぎ、かわいくて大好き!」

 

貴重なラフスケッチの数々。「こんなシンプルな表情なのに、こんなに愛されるって、すごいですよね」

 


ミッフィーの世界に没頭したら、お次はグッズにきゅんきゅん!

お次は、歴代のグッズコレクションの展示スペースへ。現行のものとはまた違った趣があり、ずっと見入ってしまいます。

 

「めっちゃかわいい〜! 全然古い感じ、しないです。色が鮮やかなのも、いいですよね」

 

今回古関さんが着用しているワンピースは、パルコ・ミツカルストアによるプロジェクト「はいけい、ディック・ブルーナ」の商品。展示されているエプロンのミッフィーが着ているワンピースをかたどったデザインとなっています。こちらは会場のグッズ売り場のほか、ミツカルストアオンラインにて購入いただけます。

☞こちら

 

いよいよお待ちかねのグッズ売り場。すでに売り切れているものもあるようなので、急いでチェックしたい!

 

絵本の取り扱いもあります。「この本、読んでもらってたな。懐かしい〜」 

 

「はいけい、ディック・ブルーナ」の、トートバッグTシャツなど会場限定商品も販売中!
古関さんが着用したワンピースはこちら

 

ワンピース 「なつ」 しましま ブルー ¥10,670(税込)

 

Tシャツ「ぜろ」え(会場限定) ¥4,290(税込)

 Sサイズ / Mサイズ



Tシャツ 「なつ」 しましま レッド ¥7,920

 

グッズコーナーにて税込2,000円以上買い物をすると、こちらのミッフィーのお耳をもらえちゃいます。

 

「今日は色鮮やかなミッフィーの世界にどっぷりと浸かることができて、元気になりました!」という古関さん。入場は「日時指定制」となり事前予約が必要なので、ぜひ急いでチェックしてみてくださいね。※撮影のためにマスクを外しておりますが、ご来場の際にはマスク着用が必須となります。

 

 


Information

「誕生65周年記念 ミッフィー展」
会期:開催中〜8/10(祝・月)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
開場時間:午前10時〜午後8時(最終日は午後5時閉場、入場は閉場の30分前まで)
※本展の入場は「日時指定制」です。
※グッズコーナーへの入場はチケットをお持ちの方に限らせていただきます。
※開場時間や休業日は変更の可能性があるため、松屋銀座公式ホームページにてご確認ください。

 

 

 Illustrations Dick Bruna ©️ copyright Mercis bv,1953-2020  www.miffy.com

RECOMMENDED オススメの記事